Raspberry Pi の実店舗での販売を見に行った

昨日、日本橋に行って、Raspberry Piが店頭で販売されているのを見に行った。

いくつかの部品を購入するため、シリコンハウスに行ってみると、2Fの中央付近のワゴンで無造作にぶら下がっていた。
このお店では、以前からArduinoが、販売されていたが、 いっちょ前のパソコンにもなる Ras-Pi が、簡単に手に取れる状態で、
Arduinoと同じ<<=部品や、電子工作キット扱い>>でただ、ぶら下げられているのを見ると、時代が変わったなぁと感動した。
Beagleboard も店頭販売されているけど、ショーケースの中にいる)

似たような感動は初めて3次元格闘ゲーム「バーチャファイター」をゲーセンで見たとき、「日本の計算機科学の勝利」だと叫んで以来。

  1. ja3qwg
    2013年 5月 5日 15:36 | #1

    ご連絡、有り難う御座います。

    Ras-Piもさることながら、BeagleBone Blackに関して、管理人様のBlogは非常に参考になっています。海外からどんどん情報が入ってきますが、やはり、言葉の壁、基礎知識のなさが壁になっている今日この頃です。

    以前から非常に気になっているのですが、この種の最新情報に関する技術的処理能力向上の鉄則のようなものが、なかなか気が付かないので困っています。

    今後とも、ご指導の程、宜しくお願い申し上げます。

    以上

    • ichmy
      2013年 5月 5日 22:09 | #2

      書き込み有難うございます。管理人ichmyです。

      BeagleBone については、正直、これまであまり注目してなかったのですが
      中華A10ボードより安い戦略的な価格を打ち出してきているので、驚き、慌てて記事修正してます。
      本サイトの記事も、まだまだ、白い旧型基板のママの情報が半分以上残ってて、支離滅裂な状態ですが
      しばらくして、落ち着いたらまた、見てやってください。

      ただ、この、BeagleBone ですが、英語の壁もあるのですが、javaの壁も、筆者には結構痛いので、キバって行きます。

  2. ja3qwg
    2013年 5月 4日 15:29 | #3

    BeagleBone Blackから、たどり着くことが出来ました。
    非常に参考になりました。
    今後とも宜しくお願い申し上げます。
    @加古川より

コメントは終了しています。