高圧ガス乙種機械を受けてきました

高圧ガス乙種機械を受けてきました

会場は、地元某田舎県の県立高校。バスを乗り継いでソコソコの距離移動するので面倒だった。
また、今日の客層は、現場の若い衆のニーちゃんばかり。ギャルなし。おっさんも筆者だけ。

今回驚いたのは、周りの受験者があまりにも早く途中退出すること。
試験時間は、法令1時間、保安1時間半、学識2時間なのだが、
半分ぐらいの受験者が30分で退出可能になるとすぐに出ていく。
筆者が普通のペースで解いて、いつものように本見直し1回、軽い見直し2回やって各科目45分かかったのに
1時間もすると教室全員が退出していたりした。
何ぼ何でも30分で出ていくのはやる気がないやつが多い?職場で強制的に受験させられてる?と感じた

さて、今回勉強時間もソコソコ取ったつもりだが、どうも法令はNGっぽい。
逆に学識や保安は筆者の苦手な熱力学とか数値の暗記とかあまり出ず、無弁でも行けたくさい。
また、時間配分、勉強法のミスか。 明日解答が発表されたら追記します。
(11/12追記)
解答が発表された。やはり法令はNG。また来年。

2012年 11月 11日 | カテゴリ : 資格取得・高圧ガス
コメントは終了しています。