1海通の全免除での申請

1海通の全免除での申請に着手した。

3海通に受かって免状が着たので、掲題の件のやり方を無線協会に電話で問い合わせた
先方いわく、申請書を送ってくれるらしい。 以降は申請書到着後に追記します
ネットでの情報では、返信用切手を要求されたとか、免状のコピーを要求されたとかあったが、今回特には言われなかった
<10/25追記>
早速、申請用紙が届いた。 1日で到着とは仕事が速い! どこぞの総合通信局も…(ry
(1)送られてきたA4の申請用紙に免除理由、根拠となる免許の番号を書き、
(2)いつもの受験票の右半分みたいな紙に名前を記入し、写真張り
(3)返信用封筒に80円切手を張ったのと、申請用紙送付代に別に80円切手同封を指示されたので同封。
(4)無線協会近畿支部へ送付した
<10/31追記>
1海通の合格証明書が届いた。A4コピー用紙のチャライ紙切れ。まあ、飾るもんじゃないし、番号が欲しいだけだから
今回の処理時間は、申請10/25→大阪支部着10/26→東京転送?→晴海から発送10/30→10/31着→本日免状申請。早い方か
さて、今度は免状だが、今回の申請先は関東総合通信局だ。発行が遅いことで有名なので、いつになることやら。
<11/27追記>
本日1海通の免状が届いた。発行は近畿総通11/26→11/27着。 まあ早い方か。
これにて無線を卒業します。応援ありがとうございました。

2012年 10月 24日 | カテゴリ : 資格取得・無線
コメントは終了しています。