また日本橋の偵察(その2)

前回の記事の続報で日本橋巡回の報告

シリコンハウス共立さん、および、千石電商さんではRaspberry-Pi Type-B+が販売されてました。
(ただし、B+用のケースは、未入荷)

ただ、残念なことに、BeagleBone BlackpcDuionoは店頭から消えていました。

pcDuino は次世代機待ちの時期だからいいのですが、BeagleBoneBlack は入荷しない期間が長すぎたため市場から忘れられつつあるのでは?と危惧します

Raspberry-PI の供給が途絶えた時期が以前に半年ほどありました。
あの時は中国での生産工場の不調が原因とされていました。
今回のBeagleBone は生産計画とマーケティングの失敗としか思えないので、TI社に大打撃となるかも?

2014年 8月 3日 | カテゴリ : ガジェット・日本橋
コメントは終了しています。