ODROID-XU3-Lite に掛かる日本の消費税について

ODROID-XU3 Lite に掛かった日本の消費税について調べたのでメモする
(これは、以前の記事の改訂版です)

個人で物を輸入すると、4つの税がかかる。
(1) 関税、(2) 通関手数料(税関に支払う)、(3) 消費税 (4) 地方消費税
今回のUPS は掛からなかったが、 (5) 通関手数料(Fedexに支払う) がかかることがあります。

まず、(1) 関税だが、今回の計算機、通信機器、については、税率ゼロ%
(2) の通関手数料は、関税がかかれば荷物1つにつき¥200-だが、関税ゼロなので無料

次に、(3)消費税の計算には、まず、課税申告額(CIF)を求める
今回の購入価格=本体価格$99+eMMC $49=$148
課税申告額 = 商品価格*ドル相場*60% =$148*117.87(¥/$、12/6時点)*60%
      = ¥10,466

この課税申告額が1万円以下、つまり、本体価格が¥16,666以下なら免税。 今回は残念ながら課税
付属品を買わなければ免税だったのだが、別途買うには送料$30がバカ高くつく

さて、税額ですが
消費税率6.3%(国の取り分)なので、¥10、466*6.3%=¥659、 100単位以下切り捨てなので ¥600ー
地方消費税率1.7%で、、¥10、466*1.7%=¥177、 100単位以下切り捨てなので ¥100ー
締めて、税額¥700ー ナリ
ううん、こんなところにも円安の影響が。。。(この程度の板で、以前の円ドル相場なら免税点超えない)

支払方法は、今回のUPSさんの場合は、消費税を配送のヤマト運輸のドライバに直接支払いました。
(Fedex さんの場合は、後日請求書が(Fedex手数料込で)送られてくる。コンビニで支払う)

2014年 12月 8日 | カテゴリ : ガジェット
コメントは終了しています。